IFTTTの短縮URL機能(iff.tt)を使用せず元のURLで投稿する方法

IFTTT

IFTTTにはTwitterやFacebookに投稿する際、URLを勝手に短縮してくれる(ift.ttから始まる短いURLに変換する)機能があります。

基本的にはこのままでも全く問題ありませんが、元のURLのままで投稿したいという方向けにURL短縮機能をオフにする方法をご紹介します。

「IFTTT」とは

さまざまなWebサービス同士を連携できるサービスです。各種Webサービスやスマートスピーカー、IoT家電、Webhookを組み合わせてさまざまなアクションを連携可能です。
IFTTTの活用方法に関する記事はこちらから閲覧できます。

IFTTT
「IFTTT」の記事一覧です。

IFTTTの自動URL短縮機能をOFFにする方法

①IFTTTにログインし、settingを開く

画面右上にあるメニューからアクセスできます

②「URL shorting」のチェックを外す

Setting画面を開くとアカウント名(Username)やメールアドレス(Email)などの設定項目が並んでいます。
下の方までスクロールしていくと「URL shorting(URL短縮)」という項目があるので、「Auto-shorten URLs(自動URL短縮)」の欄に入っている✓チェックを外し、その下にある「Updateボタンをタップすれば設定完了です。

以降に実行されたApplet(レシピ)に関しては、URLの短縮が行われず元のURLが使用されます。

URL短縮をOFFにすることで、そのリンクがどこのサイトへのリンクなのかが他のユーザーに対してわかりやすくなるのではないでしょうか。

おわり